どうやら40代は「サバイブ(Survive)」じゃない?

29

岩間ひかるです。

この記事を書いている時点で、私の年齢は41歳。
たかだか40代2年目のヒヨッ子なのですが、
薄々分かってきたことが一つだけあります。

おそらく、私の40代のテーマは

”サバイブせよ!”

ってことか?
ということ。

思い返せば、
40歳の誕生日はサハラ疎開先のJardin Kotoriで迎えたのに始まり、

そこから
やれ、オンラインツアーだ
やれ、農業だ
やれ、エコファームだ
やれ、クラウドファンディングだ
やれ、買い付け代行だ
やれ、ライブ配信だ
やれ、オンライン講演だ
やれ、オンラインクッキングクラスだ
やれ、ECサイトだ
・・・

これら全て、40代に入ってから
たかだか1年半くらいの間に全て起きています(笑)

どれも今まで未経験だったこと。

しかも占星術界隈では、この先2〜3年は混沌とした社会が続くと。
だから、さすがに気づき始めました。

きっと、ずっと今みたいな感じに違いない!!

つまり、
安泰はない。
自分が変化し続けないと、死ぬぞー!

だから、
変化を楽しめ!

しかも、
しゃかりきにだ!

子曰く、四十にして惑わず

その昔、孔子はおっしゃいました。

「子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず」

『論語』

”四十にして惑わず”

とは、

四十歳になって道理も明らかになり、自分の生き方に迷いがなくなったということ

っくううう、
私は四十にして迷いまくっているのではないか(笑)!

否。

そうでもないかも?

って思うのは、
今の状況は確かにすごく大変だけど、
楽しめるのには少し身に覚えがあるからで。

この続きを、思考してまた書きたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。